2015年03月25日

症状固定となる旨を聞き後遺障害等級の申請を進めています

交通事故 後遺障害 等級認定に強い弁護士様にお願いします。

追突事故による入院後の通院を現在5ヵ月継続中で来月中旬に6ヵ月となります。症状はあまり変わりがなく主治 医より症状固定となる旨を聞き後遺障害等級の申請を進めています。外科では頚椎捻挫、バレー・リュー症候群の診断をされています。また耳鼻科では耳鳴りが ひどい為、当初より治療を継続しています。耳鼻科先生も後遺症障害診断書を書いて頂けると言われたのですが、聴力検査は10月、11月、12月の3回行い 3回ともが30デジベル以上あった訳ではありませんが、検査結果を全部添付して提出すると言われました。聴力検査は一週間位の感覚をあけて3回行い、30 デジベル以上ないと非該当になると記載されている様ですが、そうなのでしょうか?耳鼻科の先生はご存知ないのでしょうか!?症状固定前にもう一度、検査す るとは言われましたが心配です。様々な症状もあり治療費や賠償金を支払われていない中、少しでも良い等級が取れるようにしなければなりませんのでアドバイ ス宜しくお願い致します。

弁護士の回答
>聴力検査は一週間位の感覚をあけて3回行い、30デジベル以上ないと非該当になると記載されている様ですが、そうなのでしょうか?耳鼻科の先生はご存知ないのでしょうか!?

医師は、後遺障害に該当するように検査を行うわけではありません。
行われた検査をありのまま診断書に記載するだけです。
そうでなければ、信頼されません。

該当するかどうかを意識するのは分かりますが、きちんと今の症状を正確に診断してもらい、カルテに書いてもらうことに留意してください。

そのほかの交渉などについても、ご自身でやっていて相手の対応に不満があるなら、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

<引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1060/b_232823/>

症状にあった等級をきちんと認定してもらうことができても、保険会社と個人での示談では妥当といえる賠償額は受け取れません。適正な賠償額を請求するには、弁護士による交渉が必要です。

少しでも良い結果でトラブルなく解決するために、早い段階から弁護士に相談することをお勧めします。


優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済

posted by ee092334d7 at 11:17| Comment(0) | 交通事故の示談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

正面から見えにくい顔の傷、後遺障害に認定されますか?

昨年8月、横断歩道を青信号で歩いていると、左折してきた車につっこま
れ、あごの骨折、縫合、肋骨を骨折しました。

今の状況は、通院が全て終わり症状固定、保険会社と示談の相談に入っています。
あごに1.5センチと2.5センチの縫い傷が線状に残ってしまいました。
傷は隣接されており、つながっていません。
赤い腫れもおさまり、顔を正面から見ると傷は見えづらい感じです。
この場合、後遺障害に認定されますか?

一回目に提示された賠償金に、後遺障害に対する金額は書いてありませんでした。

担当医師に後遺障害診断書の依頼はまだしていませんが、後遺障害に認定される
かどうか医師に相談する価値はありますでしょうか?
もし、認定される可能性がゼロ、もしくは低い場合、なるべく早く今の示談金額
で示談するつもりでいます。ご回答お願い致します

(引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1060/b_256928/)

基本的には、3センチ以上の傷からが後遺症の対象となります。
全体的にみて、後遺症として認められる可能性はあります。

顔の傷は体の他の部位よりも目立ちやすく、後悔しないためにもそのまま示談を進めていくよりも、一度弁護士に相談し交渉してみる価値はあるかと思います。


優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済

posted by ee092334d7 at 11:10| Comment(0) | 交通事故被害の賠償金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

このままでは遺症が残った時、自賠責の認定が下りなくなると言われました

こんばんは。

約3ヶ月前に業務にて同僚の運転する車の助手席に同乗中、
横から割り込んできた車両と接触し、頚椎捻挫
腰椎挫傷で全治10日間の診断があり、現在も鞭打ちの
症状で通院中です。

通院内容は、月1回の整形外科の診察、その医師の指導の下
柔道整復士の整骨院にほぼ毎日通院しています。

その後、私には直接関係ないのですが、過失割合について
弁護士に相談したところ、このままの通院状況では、万が一
後遺症が残った場合、自賠責の認定が下りなくなるとアドバイスされました。

そのことを主治医に確認したところ、整骨院に多く通院したことが、認定結果に影響することは100%ないと断言され、どちらの話を信じればよいか不安です。

ちなみに主治医の見解では、レントゲン、MRIとも以上はないそうです。

(引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1382/c_1062/b_133993/)

自賠責の認定ができなくなるということはないと思います。
しかし、あまりにも長い間通院をしていると因果関係がないと判断されてしまう場合もあるので、その場合は損害賠償の対象にならないと考えられます。
こうなってしまうと、争いになる可能性もあるので事故に詳しい弁護士に、早めに相談しておいたほうが良いでしょう。



優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済

posted by ee092334d7 at 11:29| Comment(0) | 交通事故被害の賠償金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。