2015年03月06日

交差点での交通事故について。

3/1に交差点での交通事故を主人が起こしました。
主人が直進(青〜黄)、相手は右折で最初の主張は(黄色〜赤)になるのを確認して右折した。と仰ってましたが、その後(青〜右折ラインに入るときは黄色〜赤)になるのを確認して右折した。との事でした。

証目撃者もいない状態ですし、最終的には保険会社からは5:5と言われてます。

しかし、主人は大きな怪我(右手首骨折、手術でプレートを入れる)をしました。相手は怪我をしてるとは聞いてますが、この場合過失割合はどうなりますか?

また、私も仕事をしているため主人の病院付き添いなど会社を休みがちになってしまってます。その分の保障などは無いんでしょうか?

また、プレートを入れたことで、後遺障害などは認定されますか?

初めてのため分からないことだらけです。

<引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1063/b_328320/>

過失割合は5:5のままの可能性もありますが、こちら側が4、2までになる可能性があります。すぐに引き下がることはないと思います。また、プレートを入れたことで後遺症となるかはなんとも言えませんが、それによって痛みや痺れが残る場合は、後遺障害の等級認定が十分に望めます。一度、弁護士に相談してみることをお勧めします。


提示された示談金額(慰謝料)に納得がいかない、後遺障害の等級が高くなった場合など、弁護士が交渉することで金額が大幅にアップするケースがあります。
「もしかして?」と思ったら専門家に相談することをおすすめします。
posted by ee092334d7 at 11:54| Comment(0) | 過失割合 | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

過失割合について

過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。

ではこの過失割合は誰が決めているのか

過失割合を決めるのは警察ではありません。
事故があると警察官が現場に駆けつけますが、警察は事故の事実を記録するだけです。

その後の過失割合の決定に警察が介入することはありません。
過失割合の決定は民事上の問題のため、当事者が契約する保険会社が協議し決定するのが一般的です。

過失割合の協議で分からない事がある時は、専門家に相談してみるのが一番でしょう


困った時はすぐに相談!交通事故被害の専門家がサポートします
優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
posted by ee092334d7 at 18:35| Comment(0) | 過失割合 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。