2015年04月18日

保険会社からは「もう治療やめませんか」という連絡が

昨秋 交通事故の被害者になりました。車対車でこちらの過失割合は0です。半年が経とうとしていますが、まだ体の痛みがひかず受診を続けています。

そこで教えて頂きたいことが有ります。


まず、体の痛みがひかず整形外科と整骨院での治療を続けていますが、背中(片側の肩甲骨まわり)の痛みがひかず、医師は「また来月みせに来てくださいね」といった感じで鎮痛剤を処方してくれ、対処して生活しています。着替えなどに支障をきたす傷みです

保険会社からは「もう治療やめませんか」という連絡が、当然でしょうがきます。

①保険会社からの打診があれば痛くても治療をやめなければなりませんか

②後遺障害の手続きをするとしたらどのような手順を踏めばよいのでしょうか。自分で主治医にお願いして診断書をもらい手続きするのでしょうか

③私はシングルマザーで子供と二人暮らしですが、子供のいじめ後の転校などがあり、心のケアなどを当面優先するため仕事をセーブし、専門職のため嘱託で時々仕事をする形で後は子供の送迎など子供中心の生活をしてました。事故後は近所に住む母に家事を手伝ってもらいました。こういった場合、いわゆる主婦手当ては請求できないのでしょうか

教えて下さい。よろしくお願いいたします。

弁護士の回答
①保険会社からの打診があれば痛くても治療をやめなければなりませんか
治療継続は医師との話し合いですが,要は以後の治療代が保険会社から出るか否かです。半年経過,とのことですが,痛みについて画像等による他覚所見はあるでしょうか。ないとしても以後の保険会社との交渉次第とは思います。

②後遺障害の手続きをするとしたらどのような手順を踏めばよいのでしょうか。自分で主治医にお願いして診断書をもらい手続きするのでしょうか
まず被害者から自ら自賠責に賠償額請求することが多いですが,いずれによせ,自ら医師に後遺障害診断書を作成してもらいます。ただし作成後は,通常は,それ以後の治療費は保険会社は出さない扱いが普通です。それなので,作成するにしてもその内容も含めて,医師とよく御相談ください。

③私はシングルマザーで子供と二人暮らしですが、子供のいじめ後の転校などがあり、心のケアなどを当面優先するため仕事をセーブし、専門職のため嘱託で時々仕事をする形で後は子供の送迎など子供中心の生活をしてました。事故後は近所に住む母に家事を手伝ってもらいました。こういった場合、いわゆる主婦手当ては請求できないのでしょうか
家事従事者の主婦の扱いの計算で請求できると思います。

<引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1060/b_253668/>


提示された示談金額(慰謝料)に納得がいかない、後遺障害の等級が高くなった場合など、弁護士が交渉することで金額が大幅にアップするケースがあります。
「もしかして?」と思ったら専門家に相談することをおすすめします。
posted by ee092334d7 at 15:00| Comment(0) | 交通事故被害の賠償金 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。