2015年04月14日

交通事故の後遺障害の「痛み」を証明する方法

交通事故の後遺障害の「痛み」を証明する方法で困っています。

手足の痛みがあり、診断書を提出したのですが、裁判官に「医学的証拠しては厳しい」と言われ
証拠の追加を言われています。

MRIで分かると聞いて医師に聞きましたが「MRIでは分からない」と
否定する医師もいて困っています。

大学病院に行っても、若い医師が担当になり、分からないと否定されました。

MRI以外で、神経内科や精神内科でPTSDによる痛みなどと証明してもらう方法も
有るとのことですが、具体的にどのような検査とどのような書類が必要なのでしょうか?

痛みがあるにもかかわらず自覚症状だけではダメと言われ
医師に聞いても分からないと言われ大変困っています。

<引用元:http://www.bengo4.com/c_2/c_1060/b_247347/>

どのような対応をすればよいかや、必要な書類についても、弁護士に直接相談するのが一番確実です。事故専門の弁護士がいますので、まずは無料相談を利用してみるのも良いでしょう。


提示された示談金額(慰謝料)に納得がいかない、後遺障害の等級が高くなった場合など、弁護士が交渉することで金額が大幅にアップするケースがあります。
「もしかして?」と思ったら専門家に相談することをおすすめします。
posted by ee092334d7 at 12:35| Comment(0) | 交通事故の示談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。