2015年03月11日

交通事故の後遺障害で12級13号が認定されましたが

交通事故の後遺障害で12級13号が認定されました
信号待ちによる追突で過失0です

傷病名は
頸椎椎間板損傷、頸椎捻挫です

MRIで C4-5に頚椎椎間板ヘルニアがわかりましたが
事故以前は 痺れや首痛などありませんでした…

入院もなく、
ヘルニアがあると素因減額があるかもしれないそうですが
素因減額が考えられる場合は
紛争処理センターの利用は不利ですか?

弁護士さんに依頼しても
素因減額で、費用倒れになったり、プラスマイナスゼロ付近にならないかと悩んでしまい
全く前に進めていません

弁護士特約加入なしです

事故当時 31歳、専業主婦です(現在シングルマザー)

また
整形外科で処方された薬の副作用で
火照り、全身の痙攣症状に毎日悩まされています…

内科、心療内科、神経内科にも受診しましたが
専門外だ、因果関係はない、など言われて
認めてもらえません…
事故が起こらなければ飲まなかった薬でした
本当に悔しいです

弁護士の回答
まずは、依頼するかどうかを確定させる前に、相談したらいかがでしょうか。
費用倒れになるかどうかは、その弁護士の説明をよく聞いてみてください。

ただ、訴訟を念頭に置くのであれば(妥協せずに、自分の主張を通したい)というのであれば、
(紛センなどではなく)弁護士に依頼するほかないと思います。

<引用元:http://www.bengo4.com/c_2/b_329368/>

費用倒れになるかどうか、無料相談を利用して弁護士に直接相談してみるのが一番良いと思います。ですが、最終的にはやはり後悔しないためにも弁護士に依頼し、適切な対応ができる弁護士の存在がある状況で解決していく方法をとるのが最善かと思います。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
posted by ee092334d7 at 12:08| Comment(0) | 交通事故被害の賠償金 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。